ビフィズス菌と乳酸菌は違うもの


一括りに善玉菌と私達が呼んでいる腸内細菌には、ビフィズス菌の他にも乳酸菌などが含まれていますが、ビフィズス菌は善玉菌の9割を占める腸内細菌であり、これを摂取するのが便秘を改善するのに効率的であると言えます。ここで注目したいのがビフィズス菌と乳酸菌の違いについてです。どちらも共に排便を促してくれる善玉菌ではありますが、どのような点で異なるのでしょうか。

まずはビフィズス菌の特徴についてです。ビフィズス菌は腸内にて酢酸と乳酸を生産する貴重な細菌になります。酢酸は腸内のPH値を下げる働きのある成分であるのと同時に、悪玉菌の増殖を防ぐという働きがあります。また、乳酸は腸の蠕動運動を促してくれる成分で、便を外へと出そうとする効果が期待できる成分と言い換えられるでしょう。これに対して乳酸菌は酢酸を生産することはありません。これを聞くとビフィズス菌の方が優秀であるようにも思えますが、しかしながら乳酸菌にはビフィズス菌が生息するための場所を確保してくれるという働きがありますので、便秘を改善したいのであれば、乳酸菌とビフィズス菌のどちらも摂取していく必要があると言えます。乳酸菌飲料を摂取するのと同時にビフィズス菌の含まれる食べ物や飲み物も摂取していくのが便秘改善のカギを握っているというわけです。

食生活と便秘には深い関係が…

近年便秘改善の効果が期待できるとあって、話題になっているのが「オリゴ糖」ですが、こちらはなぜ便秘に良いと言われているのでしょうか。その理由は先に述べた善玉菌にあります。オリゴ糖はビフィズス菌をはじめとする善玉菌のエサになる成分を多く含んでおり、善玉菌の数を減らさないために必要不可欠な成分と言えます。エサが少ない状態だと善玉菌の勢力も次第に衰えてくることになり、その分悪玉菌が進出することにつながり、その結果便秘が引き起こされてしまうことになりますので、こういった理由からオリゴ糖は便秘に効くと言われているわけです。

この他に便秘を改善するために必要なことは、いかに悪玉菌の増殖を食い止めるかということです。悪玉菌は便秘の原因になってしまう腸内細菌ですので、どうにかして増殖を防ぐ必要があります。悪玉菌を増殖させないために必要なことは、食生活を正すということです。脂肪分は悪玉菌のエサになる栄養素でもありますので、肉類を食べ過ぎてしまうと悪玉菌を育て、便秘へとつながる可能性があります。しかしながら脂肪分も摂取していかなければならない大切な栄養素です。大切なのは肉類を食べても、その分野菜をしっかりと取っていくということで、バランスの取れた食生活も便秘改善のために必要不可欠と言えます。