ビフィズス菌と乳酸菌、便秘に効くってほんと?


便秘は健康から考えても美容から考えても、あまり良いことではありません。病気の初期症状として便秘が発生している可能性も考えられますし、また便秘になることによって引き起こされてしまう病気もあり、美容に関してもお肌の状態が悪化してしまうことにつながるなど、さまざまな方面に対して悪影響を与える可能性がありますので、できれば解消していきたいところです。

便秘を解消するためにはどうすれば良いのか、という問いに対して「ヨーグルトを食べる」という答えを出す人は、なんとなくその効果を知っていることと思います。ヨーグルトを食べることは確かに便秘を解消する効果が期待でき、その理由にも挙げられるのが腸内に潜む腸内細菌となります。腸内細菌には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌の大きく分けて3種類が潜んでおり、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は善玉菌。つまり善玉菌を食べ物からそのまま摂取すれば便秘も解消されるというわけです。一方で悪玉菌については、便秘の原因菌であることが分かっており、善玉菌よりも悪玉菌が多くなってしまうと便秘になりやすいため、善玉菌を増やすヨーグルトは便秘改善の効果が期待できるというわけです。

それでは善玉菌と悪玉菌は、具体的にどのような働きをする腸内細菌なのかについて見ていきましょう。なぜ悪玉菌は悪さをするのか、善玉菌は助けてくれるのか、またビフィズス菌に期待できる効果と、効率的に便秘を改善させる方法についてご紹介していきます。